キャプテン翼RISE OF NEW CHAMPIONS レビュー

最終更新日

キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONS

8,360円 (定価)
6.8

グラフィック

7.0/10

システム

5.0/10

サウンド

7.0/10

やり込み要素

8.0/10

Pros

  • 必殺技の演出はいい
  • エディットプレイヤーはかなりハマる

Cons

  • 頻繁にクラッシュ
  • ストーリーにボリューム不足
  • 入力ラグ
  • サッカーゲームの基本は出来ていない

PS2とGC時代のキャプテン翼ゲームはやってなかったのでPS1の「キャプテン翼J」以来になります。

発売初日に神ゲーってめちゃくちゃ誉められたらしいですが、神ゲーではないだけ認識してほしい。
でも、古参のキャプテン翼ファンとちょっと変わったサッカーゲームをやりたい方にはお勧めは出来ます。

良いところ

グラフィック

想像以上に良かったです。

キャラクターモデルで誰なのかちゃんと分かるし、シュートとドリブルでゾーンに入った時の演出もかっこよかった。

その上FPSも安定していました。(Switch版は不明)

システム

基本操作はウイイレに似ててすぐには慣れます。

多分シュートの演出が多いと予想されて審判は存在しないためファウルの概念もなく試合はほぼ止めることなかった。

スタミナも回復できるようになったので、昔みたく前半からヘロヘロになって動けなくなるのは無くストレスフリーです。

モード自体は多分「EPISODE OF TSUBASA」とエディットプレイヤーを作る「EPISODE OF NEW HERO」しかやらないが、
エディットプレイヤーを作る「EPISODE OF NEW HERO」は良かったです。
別の記事も書きましたが、スキルの組み合わせを研究して自分好みの最強選手を作るのはかなり楽しいです。

次回作が出ればもっと育成要素を増やして欲しい。

ダメなところ

サッカーゲームの基本のところ

スローインとコーナーはボールをどこに出すか全く予想つかないし、オフサイドじゃないのにオフサイド取られたり。
AIがボールを取らなかったり、相手に寄せなかったり・・

一番腹立ったのは相手がパスする度に自分が操作している選手を勝手に変更するから誰を操作してるのか全く分かりませんでした。

難易度と入力ラグ

大抵のゲームは緩やかに難易度を上げると思うけど、このゲームはどっちかというといきなり超難しい相手を出してきます。
ワールドジュニアユース大会での難易度だと、個人的には

イタリア(ムズイ) -> オランダ (普通) -> セネガル (簡単) -> アルゼンチン (普通) -> フランス (普通) -> 最終戦 (アメリカはムズイ)

な感じでした。

アルゼンチン戦から相手はもう容赦なくスライディングしまくるし、キーパーもチームによって打たれ強い。
逆に味方のDFとSGGKさんは弱いし、遅い。パッチとかで難易度のカーブを調整して欲しい。

あと微妙に入力ラグを感じます。ボタンを押したのに思うように動かないのをしばしばありました

クラッシュ

私だけかもしれませんが、ブラジルルートを選ぶと必ずアルゼンチン戦の後にクラッシュ。
アメリカルートだと予想つかないところにクラッシュ。

もしかして外付けHDDを繋げたせいかもしれませんが、Made In Japanにしては不安定です。

バグもあるが、寧ろ笑えるポイントだったので個人的には気にしていませんでした。

次作に期待したいところ

ストーリーモードにはぜひワールドユースまでカバーして欲しい。

EPISODE OF NEW HEROをもっと育成要素をパワーアップして欲しい。

最後にサッカーゲームの基本のところをもっと詰めて欲しい。

今作には色々ラフなところはありましたが、バンダイナムコから発売されるソフトにしては上出来だと思うし
キャプテン翼ファンの期待は応えた方だと思う。

ray